育毛シャンプーの正しい使い方とは

育毛シャンプーは薄毛や抜け毛の改善に効果的とされていますが、正しい使い方をしていないと反対に薄毛や抜け毛の原因につながる可能性があることをご存じでしょうか。また、全てのシャンプーは1日1回使うことを前提に作られているため、薄毛や抜け毛をなんとかしたいからと1日に何度もシャンプーを使用することは控えるようにしましょう。複数回のシャンプーは頭皮の保護に必要な皮脂を落としすぎ、免疫力の低下につながる可能性があります。特に朝シャンをすると外出時の紫外線を防いでくれる頭皮の皮脂が取り除かれてしまうためいくら頭皮に良いシャンプーを使用していても効果を感じにくくなってしまいます。効果をしっかり感じるためにもシャンプーは1日1回、出来れば夜に使用するようにしましょう。

シャンプーは泡立ててから使うのがポイント

育毛シャンプーの正しい使い方として、シャンプー前に髪の毛をしっかりブラッシングしシャワーで2分ほど洗い流すことが大切です。特にシャワーでのゆすぎは髪の汚れを8~9割近く落とすことができると言われており、しっかり行うことで頭皮の炎症や臭いの予防にもつながります。頭皮にダメージを与えないためにもぬるめの温度で弱めの水圧で行うことが大切です。また、シャンプーの原液を泡立てずにそのまま髪の毛に使ってしまうと、毛根が引っ張られダメージを受けてしまう可能性があるため、髪の毛につける前にシャンプーを泡立てて使うようにしましょう。うまく手で泡立てることが出来ないという方は泡立てネットを使用すると、簡単にシャンプーが泡立つので効果を高めるためにも泡立てた状態で使用するようにしましょう。

ヘアパックで栄養分を浸透させる

時間に余裕があるときは育毛シャンプーでのヘアパックがおすすめです。意外に思う方もいるかもしれませんが、シャンプーには髪の毛を洗うだけでなく髪や頭皮に良いとされる栄養成分が豊富に含まれているため、シャンプーをしてすぐに洗い流すという行動はシャンプーの効果を十分に発揮できずもったいない状態と言われています。効果をより実感するためにも時間に余裕があるときは、ヘアパックをするようにしましょう。パック方法はとても簡単でシャンプーをつけた状態でヘアキャップをかぶり、3分ほど待つだけです。そのあとぬるめのお湯でしっかりと時間をかけてシャワーで洗い流していきます。洗い終わったあとはタオルで水気を取るだけで済まさずに、ドライヤーを使って髪の毛をしっかりと乾かすことも忘れずに行いましょう。